So-net無料ブログ作成

産業奨励館と父 [嬉しいプレゼント]

4D9723FD-3316-4C60-AE45-B0B55AE3EF3E.jpeg
父の記憶は正しかった。

戦前、3歳くらいまで父は産業奨励館(原爆ドーム)のごく近くに住んでいて、印刷業をしていた(旭印刷 と言っていました。)と話してくれたことがありました。窓から手を伸ばすと「産業奨励館」に触れるほどだったと言ってました。

その後、父の姉だけを残して一家は中国の北京に渡り、その為被爆を免れたのですが、父の姉(長沼麗子といいます)は亡くなりました。

私も、祖母に詳細を聞く事も無いまま今に至り、父も既に亡く、気になっていたのですが、昨日出会った方に、この地図を頂きました。

幼児だった父の記憶は正しかったのです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。