So-net無料ブログ作成
検索選択
エレノア・パウエル ELEANOR POWELL ブログトップ
前の10件 | -

エレノア・パウエルのカメオ出演 二本 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

SBSH03701.JPG

121231_142303.jpg


エレノア・パウエルの唯一のカラー映画

「万雷の歓呼 thousand Cheer 1943年 」 と 「アイダホの伯爵夫人 Duchess of idaho 1950年 」 ともにMGMのミュージカル映画です。

二作品共に、エレノア・パウエル自身としてのカメオ出演で、一曲を踊るだけです。

万雷の歓呼は 主演がジーン・ケリーとキャサリン・グレイソン スターの世代交代がはっきり見えます。ジーン・ケリーは実はエレノアと同じ1912年生まれ(生誕百年です)ですが彼のキャリアは50年代にピークを迎えます。「雨に歌えば」「パリのアメリカ人」は忘れられません。

エレノア・パウエルは残念な事にキャリアのスタートが早かったため、大型スクリーン、カラー、ステレオ時代に映画界にいませんでした。彼女の残した功績は、あまりにも偉大でしたが、日本での知名度が高くないのは、戦後の映画が無いからです。

キャサリン・グレイソンはソプラノスターです。ジャネット・マクドナルドの後継者と言うべき正統派ソプラノでしたが、やや美貌とは違う容姿でした。でも50年代大作で、大活躍します。

この映画は 戦中で戦地慰問的なオールスターキャストでした。日本にとっては敵国でしたが、明るいエンターテイメントで、リナ・ホーン、ミッキー・ルーニー、ジュディ・ガーランド、ジューン・アリスン等 多数のスターがカメオで歌い踊ります。エレノアもブギウギを踊ります。

「アイダホの伯爵夫人」は、ジャンルは違いますが唯一無二のスターという意味ではエレノア・パウエルの後継者のエスター・ウィリアムス主演です。

エスター・ウィリアムス映画史に燦然と輝く名前です。水中レビューの映画スターは後にも先にもいません。

まさに、唯一無二なのです。

彼女はオリンピックを目指す水泳選手で幻の東京オリンピックに出るはずでした。美貌でスタイルも抜群に良かったため、モデル等をしていたところ、映画デビューの運びになったそうです。

MGMは豪華絢爛なエスターの水中レビュー映画を沢山作りました。エスターは確かにスポーツ選手でした。

高飛び込みも 水上空中ブランコも水上スキーも、シンクロナイズドスイミングも何でも笑顔でこなしました。

どの映画でも危険そうで、ハラハラしますが笑顔で楽しそうにやります。
「出口を見失い、窒息しそうになった事があった」と後年笑顔で語りましたが、危険とは隣り合わせだったでしょう。

この映画でエレノア・パウエルはパーティの客として登場し、主演のヴァン・ジョンソンに 「こんにちは、エレノア 踊って貰えませんか?」と誘われ踊り始めます。

1950年ですからエレノアがMGMを離れて7年経ちます。静かに踊っていると指揮者 が「疲れているの?エレノア」と往時のタップを促します。「もう曲を知らないでしょ?」とエレノア。 するとエレノア得意のブギウギが演奏され 往年の激しいタップが披露されます。

テクニカラーのエレノア。黒髪ではなく茶色でした。実際はどうだったのでしょうか?

カラーの主演映画が見たかったです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイ ドゥード イットI Dood It (1943)生誕百年エレノア・パウエル [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1808171.jpg

タップの女王 エレノア・パウエル は今年(2012年)生誕百年で、没後30年になります。

この I Dood It (1943)はMGMでの最後の主演映画になりました。(2本のカメオと他社での1本があります)

エレノアはあの俳優グレン・フォード結婚しました。

この映画もレッド・スケルトン共演です。ジミー・ドーシー楽団、リナ・ホーン、ヘイゼル・スコットも見事な音楽を聴かせてくれます。

クリーニング業のスケルトンがスターダンサーのエレノアに恋をするお話です。

エレノアの新ナンバーは「さよなら、サラジェーン(?)」投げ縄を使った超絶技巧です。見事なリズムで投げ縄を成功させながら、踊りますが本当に素晴らしい!

ラストには「踊るアメリカ艦隊」のフィナーレを流用しますが、エレノアのナンバーはこれだけ。 随分寂しく感じますが、体調を崩していたとも言われていますね。

でも 初期の愛らしい、あどけなさは消えて女性らしい色気が見えます。31歳の美しい盛りでした。
エレノア・パウエル永遠なれ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シップ・アホイ(SHIP AHOI)エレノア・パウエル生誕100年 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1802491.jpg

今年 2012年 生誕100年を迎えたタップの女王 エレノア・パウエルの1942年の作品です。

映画を見てると、アメリカも戦争色が色濃くなっておりタイトルの始めに、国債を買おう 等と出ます。 (エンドロールかな?)

エレノアはクレジットのトップを明け渡していて、主演はコメディアンのレッド・スケルトンです。

エレノア30才前後ですが、相変わらずパワフルで美しさは冴えていますが、観衆は気まぐれで、若いスターの台頭に、人気に陰りがみえて来たのでしょうか?ただ スケルトンにあまり魅力を見出だせないので、疑問が残ります。

この映画には、トミー・ドーシー楽団と若きフランク・シナトラが出演していて、ドラムのバディ・リッチがオープニングから聴かせてくれます。

曲は「ハワイアン・ワー・チャント」!フル・スイング でカッコイイのなんの!

曲の中盤からステージで踊るフラの衣装のエレノアとコーラスダンサーが現れます。

この後、船の中に舞台を移します。「踊るホノルル」でも船の中で踊りましたが、こちらはスケールが大きく、プールサイドをダイナミックに踊り、バディ・リッチのドラムと競演するのです!

ラストぴたりと拍が決まり、まるでタップとドラムのデュオ!




思わず二人が笑顔で握手する姿が、爽快です。

ビデオの表紙絵にあるマントを翻しフラメンコを踊るシーンもカッコイイです。

もうひとつ 見せ場があります。

エレノアはブロードウェイ時代に タップでモールス信号を打つ出し物を持っていましたが、それを再現して見せました。

戦時色の濃い中でのエンターテイメント 見事です。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

タップの女王エレノア・パウエル「レディ・ビー・グッド」生誕100年 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1800391.jpg

昨日21日は、エレノア・パウエルのお誕生日でした。まさに生誕100年を迎えた日です。

彼女は、残念ながら69才で亡くなりましたが、映画に残したダンスの偉業はあまりにも大きいです。


「レディ・ビー・グッド Lady be GOOD 」は1941年のMGM映画です。


共演は、ロバート・ヤング、アン・サザーン、 ベリー・ブラザーズ等
あ そうそう 名ビーグル犬のバトンズ も!


ヤングとアンは夫婦のソングライターチームで、ヒット作(ガーシュイン等の曲)を連発していましたが、ケンカをします。


エレノアは二人の親友のダンサーです。二人の仲直りに手を貸しますが………


この映画でエレノアは名ビーグル犬バトンズとアクロバット的なダンスを踊ります。 バトンズもたいしたものですが、犬を相手に楽しそうなエレノアの笑顔がステキです。
彼女の振り付けを描いたマンガ絵も楽しいです。このシーンの曲は、ガーシュインのレディビーグッド。鼻歌から踊り始めます。

別のシーンでスリムスーツを着たエレノアが大人っぽく、なまめかしくさえあります。

裁判のシーンもあり、見所沢山!


クライマックスは、テイルコートにシルクハット姿のファシネィティング・リズムのタップ。

ピアニストが次々と替わり、歩を進めるエレノア。バスビー・バークレー振り付けのアクロバットは圧巻です。

この時 エレノアは開腹手術後だったそうですが、とてもそうは見えません。




この映画からは素晴らしい名曲も披露されました。「思い出のパリ」ジェロームカーンとオスカーハマースタイン二世の名曲です。アンサザーンが歌いました。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

踊るニュウヨーク タップの女王 エレノア・パウエル [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1756161.jpg

2012年は、タップの女王エレノア・パウエルが生誕100年 の年です。


エレノア・パウエルは1912年11月21日生まれ 誕生日ももうすぐですね。


「踊るニュウヨ-ク BROADWAY MERODY OF 1940 」は、いよいよダンスの神様フレッド・アステアとの夢の競演です。

RKOでジンジャー・ロジャースと比類なきコンビを組んでヒット作を連発していたアステアが、コンビ解消後に共演した相手が、このエレノアでした。


一回り歳の差がありましたが、プロとしてお互い尊敬しあう間柄だったようです。


ボールルームダンサーコンビのアステアとジョージ・マーフィ(彼がまた笑顔が素敵で嫌味のないカッコイイ人なのです)が踊っているところ アステアがスカウトされますが、手違いからスカウトマンの思いと反対のジョージが、事務所に出向きます。


面接したプロデューサーはジョージを気に入り、スターダンサー(エレノア)の相手役に抜擢!

試しに二人で踊ると 非常に良い感じです。

大役を得たジョージをアステアも我が事のように喜びますが、実はアステアは、エレノアのファンでした。手違いで、自分が選ばれるはずの役を相棒に取られた形 ですが、彼は、ジョージを応援します。

ジョージの振り付けを手伝うアステアに、エレノアは気付き、本当の実力者はアステアだと知ります。

ランチに入ったカフェで一緒にステップを踏み、意気投合!


さて ジョージとエレノアのステージの日 飲んだくれて踊れないジョージの代わりにアステアが 舞台に立ち、大成功!

最初は激怒するジョージですが、真相を知り 相棒アステアのため、芝居を打ち、彼をスターダンサーに押し上げます。


最後はハッピーエンド♪三人の笑顔が最高です。

音楽は コール・ポーター 奇跡のような名場面 ビギン・ザ・ビギン や アイ コンセントレイト オンユー (あなたに夢中) 等名曲揃いです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

踊るホノルル 生誕100年エレノア・パウエル [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1749501.jpg

タップの女王 エレノア・パウエルは今年、生誕100年を迎えます。

MGMで次々と主演映画をヒットさせた彼女は、1939年、この「踊るホノルル(HONOLULU)」で非常に先進的なフラタップ を見せてくれます。


物語は、ロバート・ヤング演じる人気映画スターが、ファンに追い回されプライベートも、もみくちゃで、うんざりしているところに、自分と瓜二つのハワイの農園主(ヤングの二役)に出会い、入れ代わるところから始まります。


久々に自由を得た映画スターは、ホノルル行きの船に乗りますが、そこには興行のためにホノルルに向かうダンサー(エレノア・パウエル)が居ました。彼女は友人(後に大変有名になる喜劇のグレイシー・アレン)の歌い爪弾くウクレレに合わせて、船上楽しく踊ります。

そんな姿に 映画スターは恋をします。

身分を隠している彼は彼女と仲良くしたいのですが、いざハワイに着くと、農園主の婚約者が迎えに来ていました! ちぐはぐな応対をしながら、なんとか話を合わせる映画スター………


エレノアは、当時の黒人タップダンスのスター、ビル(ボージャングルス)ロビンソン の得意とする階段を使うタップを、黒塗りの顔でそっくりに披露しています。「スワニー河」をバックに見事なステップです。


そして クライマックスは、裸足で踊るフラダンスからの フラタップ! 横綱の土俵入りのようで、優雅で、躍動的でセクシー。 素晴らしいダンスです。


この映画には、前述のグレイシー・アレンと実生活でも夫婦だったコメディーの大スター ジョージ・バーンズ も共演していて、現役のまま長寿を誇ったバーンズ(1996年に100歳で没)の若き姿が見られます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ロザリー』 エレノア・パウエル主演映画 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1754231.jpg



『ロザリー』 はコール・ポーターの歌曲満載の1937年に公開されたMGMミュージカルです。

主演は今年生誕百年のエレノア・パウエル 共演はジャネット・マクドナルドとのコンビで有名な歌手ネルソン・エディです。

お話は、某国の王女エレノアが、学生生活を送っているうちに、フットボールヒーロー学生ネルソンと 恋に落ちるというもの。

身分を隠しているため ネルソンは捜し回りますが、某国の盛大な催しの時にタップを踊るエレノアを発見する というもの

音楽が素晴らしい!
まず、ネルソンエディがエレノアに歌う愛の歌
『IN THE STILL OF THE MIGHT 夜の静けさに 』
スタンダードになりました。

そしてタイトル曲の『ROSALIE ロザリー』

これは ネルソンも歌いますが、前述の大規模な催し で 王女であるロザリー(エレノア)が踊ります。

このスペクタクルシーンは圧巻です。


巨大な太鼓に乗ったエレノアが運ばれてきます。
太鼓は階段上に並べられ、頂点の高さはかなりのもの! 静かに音楽が鳴りはじめ、ダンスを踊るエレノア

次第に音楽もダンスも盛り上がり激しさを増します。

最後は 回転しながら紙の花輪を破り、進行!ライオンの火の輪くぐりのようです。

超人的なスタミナです。
このシーンは『ザッツエンターテイメント』のハイライトでもありました。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

踊る不夜城 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1751421.jpg生誕百年 タップの女王エレノア・パウエル 第三弾は 「Broadway Melody of 1938 踊る不夜城 」です。

ブロードウェイメロディーシリーズの三作目で、1937年に公開されました。スケールは更に大きくなり、MGMの力の入れ具合がわかります。

共演はロバート・テイラー、ジョージ・マーフィ、バディ・イブセン。ブロードウェイの大御所ソフィ・タッカー、そして、あのジュディ・ガーランドです。

ジュディは、まだ「オズの魔法使」でブレイクする前の少女ですが、クラーク・ゲーブルにファンレターを綴る歌 で場面を独占。観客の目をくぎづけにしました。

映画は、競走馬スターゲイザーを巡って騒動があります。スターゲイザーを育てた娘エレノアがレースに勝てず馬主に売られるのを知って、ブロードウェイで身を立てて、馬を買うべく 馬と同じ列車に乗り込み、そこで偶然、ダンスの上手い二人組のマーフィとイブセンに出会い、意気投合! 若いプロデューサーのテイラーも一緒になり、馬の為、才能溢れるダンサー、エレノアの為に、一肌脱ぎます。


タップを踏む馬、楽しさ溢れる三人のダンス 列車のダンスシーンは最高です。

エレノアはマーフィと土砂降りの雨の中、ずぶ濡れになりながらのナンバーも踊りますが、「雨に歌えば」と「サウンドオブミュージック」のあずまやのシーンの先駆けみたいなシーンで、素晴らしいです。

いろんなトラブルを経て、馬も見事買えて、メデタシ!

フィナーレのナンバーは、シルクハットとえんび服の男装がピタリとはまり、カッコイイエレノアの本領です。

音楽はナシオ・ハーブブラウン 見事でした。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

踊るアメリカ艦隊 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1747111.jpg

生誕百年 タップの女王エレノア・パウエル MGM主演第二段は「踊るアメリカ艦隊 born to dance 」 でした。原題は踊る為に生まれた でしょうか? 共演は後の名優ジェームス・スチュワート、バディ・イブセン、前作に続きウナ・マーケル、フランセス・ラングフォード等です。

この映画は、「あなたはしっかり私のもの」や「イージートゥラブ」等、コール・ポーターが書き下ろした歌曲がスタンダードになりました。



水兵とブロードウェイのスターを目指すエレノアの恋を軸に、スター女優の横恋慕等の事件を得て、見事 メデタシ というお話です。

黒髪で長身、美貌の持ち主だったエレノアは、映画の世界でもスターになり、倒産寸前のMGMを救ったと言われています。

様々なシーンで見事なダンスを踊りますが、クライマックスの大砲を備えた艦隊のデッキで、ブラスバンドを従えたタップは圧巻でした。
ラスト 大砲が火を放つ時、エレノアが瞬間的に目を閉じるのがわかります。



キャット・アート―名画に描かれた猫

キャット・アート―名画に描かれた猫

  • 作者: シュー・ヤマモト
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2012/04
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

踊るブロードウェイ エレノア・パウエル生誕百年 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1744551.jpg

今年(2012年)は、タップの女王エレノア・パウエルの生誕百年にあたります。

十代の頃からダンスの才能を発揮しブロードウェイの舞台に立っているところをハリウッドが目をつけ、MGMでの初主演がこの 「踊るブロードウェイBROADWAY MELODY OF 1936 」でした。まだ初々しいエレノア 22才です。

トーキー初期に成功した「ブロードウェイメロディー シリーズ」の第二弾になります。

共演は美男スターのロバート・テイラーやコミカルなダンスが得意なバディ・イブセン 歌手フランセス・ラングフォード等

輝かしいモノクロ映像で、ナシオ・ハーブブラウンとアーサー・フリードの音楽は 素晴らしい物で、トムとジェリーにも多数使われ、スタンダードにもなっています。



ブロードウェイのスターを目指して田舎から出て来たエレノアが、幼なじみの新進プロデューサーテイラーの元でデビューする様を すったもんだの騒動の中で描いていて 素晴らしいダンスが見事! タップはもちろん、バレエも見せます。とりわけ、正確無比なタップはマシンガンタップと呼ばれました。

今から77年も前に ハリウッドのミュージカル映画は確立していたのにびっくりです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - エレノア・パウエル ELEANOR POWELL ブログトップ