So-net無料ブログ作成
検索選択

ハーメルンの笛吹き? [猫]

近所にノラネコが多数住み着いています。
私は、昔から猫には縁があるらしく、犬は3度飼って3度とも逃げられましたが!!猫は飼ったことはないけれどいつも住み着いています。

私の住んでいる集合住宅(一応マンションですが、そう呼ぶのはおこがましい・・・・)は真下に駐車場があり、私の車もいます。
その車の下に、いつも猫どもが常駐していて、始めは外食したおりの、エビの尻尾などを持ち帰り与えていました。そのうち、毎日車の帰りを待つようになり、駐車をして降りると顔を見上げて、ニャ~と鳴くのです。複数いるのですが、鳴く役はいつも、薄い茶色のトラ柄。ひょろっと細く、小さな顔ですが、なかなかの美貌で、ヴィヴィアン・リーのスカーレット・オハラに似ているのです。
尻尾もすらりと長く、人間に好かれるタイプの猫といえます。
彼には、瓜二つの兄弟がいて、そちらは顔だけ見ると見分けがつかないほどですが、少し丸みを帯びていて、尻尾が短いのです。そこで、前者をオナガ、後者をオミジカと、呼ぶようになりました。
2匹とも大変気は弱く、腰抜けで、いつまでたっても逃げ腰の上、他のねこに食べ物を奪われるマヌケぶりです。
しかし、辛抱強く待ち続ける姿に、人間である私はホロリとさせられますね。

さて、他の登場猫ですが、
2匹の子猫をつれた母猫、彼女は三毛で尻尾が短く、小柄ですが子育ての母は強しというわけで、一番利口で、素早いです。その上感じの悪いことに、エサを与える人間を威嚇するべく、「カァーッ!!」というのです。そのため名前は 「カァ」
彼女の2匹の子供のうち1匹は行方不明ですが、カァにそっくりの子供「カァ・ベイビー」は大変可愛く、こちらを信頼して逃げもしません。
他には、しもふりのような柄の黒い2匹と、腹ボテのこげ茶しまのメス、オナガ兄弟に似ていてちと違う「バッタ」などがいます。

この住宅は動物飼育禁止でして、あちこちに張り紙がしてあるため、さすがにめっきり増えてきた猫どもが目立つので、えさは他所でやることにして、彼らを移動させるべく、僅かに離れた場所に移動を試みるのですが、脱落者続出。
最後までこれるのは、いつも賢いカァ、なのでした。

今日、いつものように、オナガ兄弟を誘導していると、ある場所までくるとピタリと止まり、車の下に隠れて、私に「ニャ~」と訴えるのです。
どうも様子がおかしいので、あたりを見回すと、一回りも大きい風格のある丹下サゼン(片目がひしゃげている)が、にらみを利かせています。
なるほど、ここから先は、こいつの縄張りなのかと、納得しました。

ハーメルンの笛吹きのように、動物を誘導するのは無理なようでした。

ちなみに、美貌のオナガ フルネームはスカーレット・オナガ ではどうでしょうか?


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット