So-net無料ブログ作成
検索選択
花火大会 ブログトップ

寒冷地の花火大会 [花火大会]

10月1日は、毎年恒例の庄原(広島県北部です)備北丘陵公園での花火大会でした。
中国自動車道を通って、庄原インターまでラパンで出かけましたよ。

私のラパンSSは3月末に納車されて以来、半年になるというのにまだ7000キロ強の走行距離です。ガソリンの高騰に加えて、忙しくしているというのもあるのですが、6月の長崎への旅が一番の長距離です。
さて、そんなわけでせっかくのツインカムターボも威力を発揮せず、街乗りに甘んじてきましたが、今日は車のほとんど走行していない(寂れている道路なのです)中国自動車道を、少しばかり飛ばしてきました。

山奥のカーブの多い高速道なのですが、以前のケイの時は登板車線ばかりを選んでいたのに、ラパンSSは上り坂も、ものともせず走行線上の車をどんどん追い越し、余裕の馬力!
「おお!アルトワークスも確かにこのように走ってくれたのぉ・・・・・・・・・」と嬉かったのです。

さて、1日の気温は非常に高く、福岡では熱中症も出るほどでしたが、ここ広島でも暑くて、日中は汗ばむほどでした。
ところが、毎年、備北丘陵公園の花火大会は恐ろしく寒く、日が暮れるや否や手袋なしでは、手がかじかみ、鼻は赤くなるのです。
ある時、夏の軽装で出かけ、えらい目にあった経験から、今年も真冬のジャンパーを着こんで出かけました。

同志は沢山いて、綿入れのようなものを着込んでいる男性もいて、「おぬしも、痛い目にあったくちだな」などと、納得していましたが、この日は、日が暮れて真っ暗になっても、寒くならず、ジャンパーは脱ぐハメに・・・・・・・

今年の人出は驚くべき多さで、3箇所の臨時駐車場から、シャトルバスがピストン輸送しても永遠に続くかと思われる行列でした。花火はきれいでしたが、年々多くなる人出に、穴場の楽しみは失せたのでした。


花火大会 ブログトップ