So-net無料ブログ作成
検索選択

アイ ドゥード イットI Dood It (1943)生誕百年エレノア・パウエル [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1808171.jpg

タップの女王 エレノア・パウエル は今年(2012年)生誕百年で、没後30年になります。

この I Dood It (1943)はMGMでの最後の主演映画になりました。(2本のカメオと他社での1本があります)

エレノアはあの俳優グレン・フォード結婚しました。

この映画もレッド・スケルトン共演です。ジミー・ドーシー楽団、リナ・ホーン、ヘイゼル・スコットも見事な音楽を聴かせてくれます。

クリーニング業のスケルトンがスターダンサーのエレノアに恋をするお話です。

エレノアの新ナンバーは「さよなら、サラジェーン(?)」投げ縄を使った超絶技巧です。見事なリズムで投げ縄を成功させながら、踊りますが本当に素晴らしい!

ラストには「踊るアメリカ艦隊」のフィナーレを流用しますが、エレノアのナンバーはこれだけ。 随分寂しく感じますが、体調を崩していたとも言われていますね。

でも 初期の愛らしい、あどけなさは消えて女性らしい色気が見えます。31歳の美しい盛りでした。
エレノア・パウエル永遠なれ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

Motom Tomoyuki

例によって、アメリカからDVDを取り寄せて昨日観ました。

エレノア・パウエルの”まともな”ダンスナンバーは「So Long Sarah Jane」だけで、後は『踊るホノルル』と『踊るアメリカ艦隊』からの使い回しになりますね。

エレノア・パウエルのMGM最後の主演映画でMGMとの契約はこの1943年に解消したとのことですが、ジーン・ケリーのMGM契約が1943年(1942年かな?)、フレッド・アステアのMGM専属契約が1944年であることを思うと、もう少し残ってもらって、彼らとの共演映画を撮ってほしかったものです。
特に、ジーン・ケリーとは『Broadway Melody 1943』で共演という企画が具体的にあっただけに実現せず残念です。
by Motom Tomoyuki (2014-02-09 13:30) 

ガルボ・スノー

motom tomoyuki 様

コメントありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
本当に、エレノアには、ジーンケリーとの共演を実現させて欲しかったですね。
何しろ同じ、1912年生まれ。アクロバティックなダンスもタップも素晴らしい二人ですから。今となっては、見果てぬ夢です。

でも、フレッドアステアとの踊るニュウヨーク が有るだけでも喜びにしなくてはいけませんね。
伝説のビギンザビギンを残してくれただけでも。
実は、アンミラーとも共演して欲しかったな。
by ガルボ・スノー (2014-03-03 23:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。