So-net無料ブログ作成

シップ・アホイ(SHIP AHOI)エレノア・パウエル生誕100年 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1802491.jpg

今年 2012年 生誕100年を迎えたタップの女王 エレノア・パウエルの1942年の作品です。

映画を見てると、アメリカも戦争色が色濃くなっておりタイトルの始めに、国債を買おう 等と出ます。 (エンドロールかな?)

エレノアはクレジットのトップを明け渡していて、主演はコメディアンのレッド・スケルトンです。

エレノア30才前後ですが、相変わらずパワフルで美しさは冴えていますが、観衆は気まぐれで、若いスターの台頭に、人気に陰りがみえて来たのでしょうか?ただ スケルトンにあまり魅力を見出だせないので、疑問が残ります。

この映画には、トミー・ドーシー楽団と若きフランク・シナトラが出演していて、ドラムのバディ・リッチがオープニングから聴かせてくれます。

曲は「ハワイアン・ワー・チャント」!フル・スイング でカッコイイのなんの!

曲の中盤からステージで踊るフラの衣装のエレノアとコーラスダンサーが現れます。

この後、船の中に舞台を移します。「踊るホノルル」でも船の中で踊りましたが、こちらはスケールが大きく、プールサイドをダイナミックに踊り、バディ・リッチのドラムと競演するのです!

ラストぴたりと拍が決まり、まるでタップとドラムのデュオ!




思わず二人が笑顔で握手する姿が、爽快です。

ビデオの表紙絵にあるマントを翻しフラメンコを踊るシーンもカッコイイです。

もうひとつ 見せ場があります。

エレノアはブロードウェイ時代に タップでモールス信号を打つ出し物を持っていましたが、それを再現して見せました。

戦時色の濃い中でのエンターテイメント 見事です。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

Motom Tomoyuki

『Ship Ahoy』のトップクレジットは、エレノア・パウエルです。
レッド・スケルトンのクレジットトップを明け渡すのは、自作の『I Dood It』になります。

例によって、日本では入手できないためアメリカから取り寄せ、昨日観ました。
出演がエレノア・パウエル、レッド・スケルトン、ヴァージニア・オブライエンと『Lady Be Good』の脇役陣で作ったみたいな映画ですね。

ちなみに、「国債を買おう」はThe Endの後です。
by Motom Tomoyuki (2014-02-09 13:14) 

ガルボ・スノー

motom tomoyuki 様

またまた、コメントありがとうございます!
返信大変遅くなり失礼しました。

いろいろなご指摘ありがとうございます。
みかえさず、記憶を頼りに書いていますので、曖昧な部分があっていけませんね(≧∇≦)

そうですね。当時売り出し中の人たちでしょうか。
バージニアオブライエンは、かなり印象に残る人ですね。
独特の無表情。肩の動き、歌。でも美人という。
アステアも大役のジークフェルトフォリーズ にも出ていたと思います。
サウザンドチアー にもでていました。
by ガルボ・スノー (2014-03-03 23:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0