So-net無料ブログ作成
検索選択

踊るホノルル 生誕100年エレノア・パウエル [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1749501.jpg

タップの女王 エレノア・パウエルは今年、生誕100年を迎えます。

MGMで次々と主演映画をヒットさせた彼女は、1939年、この「踊るホノルル(HONOLULU)」で非常に先進的なフラタップ を見せてくれます。


物語は、ロバート・ヤング演じる人気映画スターが、ファンに追い回されプライベートも、もみくちゃで、うんざりしているところに、自分と瓜二つのハワイの農園主(ヤングの二役)に出会い、入れ代わるところから始まります。


久々に自由を得た映画スターは、ホノルル行きの船に乗りますが、そこには興行のためにホノルルに向かうダンサー(エレノア・パウエル)が居ました。彼女は友人(後に大変有名になる喜劇のグレイシー・アレン)の歌い爪弾くウクレレに合わせて、船上楽しく踊ります。

そんな姿に 映画スターは恋をします。

身分を隠している彼は彼女と仲良くしたいのですが、いざハワイに着くと、農園主の婚約者が迎えに来ていました! ちぐはぐな応対をしながら、なんとか話を合わせる映画スター………


エレノアは、当時の黒人タップダンスのスター、ビル(ボージャングルス)ロビンソン の得意とする階段を使うタップを、黒塗りの顔でそっくりに披露しています。「スワニー河」をバックに見事なステップです。


そして クライマックスは、裸足で踊るフラダンスからの フラタップ! 横綱の土俵入りのようで、優雅で、躍動的でセクシー。 素晴らしいダンスです。


この映画には、前述のグレイシー・アレンと実生活でも夫婦だったコメディーの大スター ジョージ・バーンズ も共演していて、現役のまま長寿を誇ったバーンズ(1996年に100歳で没)の若き姿が見られます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

Motom Tomoyuki

例によって、日本でDVDを売っていません。
アメリカから取り寄せて観ました。

グレーシー・アレンがウクレレを弾きながら歌う曲は、ハリー・ウォーレンの作曲だそうで、なかなかノリが良いメロディです。
エレノア・パウエルの縄跳びを使ったダンスも良いです。

ビル・ボージャングル・ロビンソンの階段芸を真似したナンバーも、見事でした。
しかし、この黒塗りのメークは今だと変に問題になりそう。

クライマックスのフラタップは、凄いですね。
『ザッツ・ダンシング』に収録されたナンバーですが、『ザッツ・ダンシング』
も今は輸入盤しか入手できません。
残念なことです。
by Motom Tomoyuki (2014-01-13 21:57) 

ガルボ・スノー

コメントありがとうございます。

グレーシーアレンの歌、ハリーウォーレンですか。
良い歌ですね。

私も、ボージャングルスロビンソンのナンバー、大好きです。
確かに、今なら物議かも知れませんね。
アルジョルスンのスワニーなんかも。

フラタップは圧巻ですし、セクシーですよね。
エレノアにしては珍しく。(^∇^)

ザッツダンシング! LDをニューヨークで買いました。
素晴らしいダンス集映画なので、国内盤が欲しいですね。

by ガルボ・スノー (2014-01-21 14:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。