So-net無料ブログ作成

『ロザリー』 エレノア・パウエル主演映画 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1754231.jpg



『ロザリー』 はコール・ポーターの歌曲満載の1937年に公開されたMGMミュージカルです。

主演は今年生誕百年のエレノア・パウエル 共演はジャネット・マクドナルドとのコンビで有名な歌手ネルソン・エディです。

お話は、某国の王女エレノアが、学生生活を送っているうちに、フットボールのヒーロー学生ネルソンと 恋に落ちるというもの。

身分を隠しているため ネルソンは捜し回りますが、某国の盛大な催しの時にタップを踊るエレノアを発見する というもの

音楽が素晴らしい!
まず、ネルソンエディがエレノアに歌う愛の歌
『IN THE STILL OF THE MIGHT 夜の静けさに 』
スタンダードになりました。

そしてタイトル曲の『ROSALIE ロザリー』

これは ネルソンも歌いますが、前述の大規模な催し で 王女であるロザリー(エレノア)が踊ります。

このスペクタクルシーンは圧巻です。


巨大な太鼓に乗ったエレノアが運ばれてきます。
太鼓は階段上に並べられ、頂点の高さはかなりのもの! 静かに音楽が鳴りはじめ、ダンスを踊るエレノア

次第に音楽もダンスも盛り上がり激しさを増します。

最後は 回転しながら紙の花輪を破り、進行!ライオンの火の輪くぐりのようです。

超人的なスタミナです。
このシーンは『ザッツエンターテイメント』のハイライトでもありました。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

Motom Tomoyuki

この映画もDVDが日本で出ていませんが、アマゾンで輸入盤が購入できます。

二時間もあり、ミュージカルとしては長い方ですね。

その中で、エレノア・パウエルが「I've a Strange New Rhythm in My Heart」と「Rosalie」、そして行進を指揮しながらのタップと3ナンバーを踊りますが、中でも「Rosalie」はエレノア・パウエルのソロダンスでは最高峰ではないかと思います。
素晴らしいです。
by Motom Tomoyuki (2014-01-13 16:32) 

ガルボ・スノー

コメントありがとうございます!

そうですね、2時間は長いです。
超大作の部類だったのではないでしょうか?

クライマックスの、ナンバー、「ロザリー」本当に最高峰ですね。
高所だし、長いし、流石にエレノアも息を切らしていますね。
後年、このシーンを観たエレノアの孫娘が、「おばあちゃん凄い!」と感嘆したそうですよ。

by ガルボ・スノー (2014-01-21 13:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0