So-net無料ブログ作成
検索選択

踊る不夜城 [エレノア・パウエル ELEANOR POWELL]

120508_1751421.jpg生誕百年 タップの女王エレノア・パウエル 第三弾は 「Broadway Melody of 1938 踊る不夜城 」です。

ブロードウェイメロディーシリーズの三作目で、1937年に公開されました。スケールは更に大きくなり、MGMの力の入れ具合がわかります。

共演はロバート・テイラー、ジョージ・マーフィ、バディ・イブセン。ブロードウェイの大御所ソフィ・タッカー、そして、あのジュディ・ガーランドです。

ジュディは、まだ「オズの魔法使」でブレイクする前の少女ですが、クラーク・ゲーブルにファンレターを綴る歌 で場面を独占。観客の目をくぎづけにしました。

映画は、競走馬スターゲイザーを巡って騒動があります。スターゲイザーを育てた娘エレノアがレースに勝てず馬主に売られるのを知って、ブロードウェイで身を立てて、馬を買うべく 馬と同じ列車に乗り込み、そこで偶然、ダンスの上手い二人組のマーフィとイブセンに出会い、意気投合! 若いプロデューサーのテイラーも一緒になり、馬の為、才能溢れるダンサー、エレノアの為に、一肌脱ぎます。


タップを踏む馬、楽しさ溢れる三人のダンス 列車のダンスシーンは最高です。

エレノアはマーフィと土砂降りの雨の中、ずぶ濡れになりながらのナンバーも踊りますが、「雨に歌えば」と「サウンドオブミュージック」のあずまやのシーンの先駆けみたいなシーンで、素晴らしいです。

いろんなトラブルを経て、馬も見事買えて、メデタシ!

フィナーレのナンバーは、シルクハットとえんび服の男装がピタリとはまり、カッコイイエレノアの本領です。

音楽はナシオ・ハーブブラウン 見事でした。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 2

Motom Tomoyuki

この映画も、日本でDVDが出ていません。

アメリカからDVDを取り寄せました。
ラストシーンのエレノア・パウエルは、良いですね。

しかし、何で邦題が『踊る不夜城』なんでしょうね?
by Motom Tomoyuki (2014-01-13 16:09) 

ガルボ・スノー

motom tomoyuki 様

コメントありがとうございます。
この映画、大好きなんですよ。特に列車のなかのダンスシーンとか。
フィナーレを見た時、不思議な概視感に襲われました。

自分は、この時代にアメリカに生きていて、スタッフの1人か、見学者として、撮影を見たことがある? という懐かしい感覚でした。
by ガルボ・スノー (2014-01-21 13:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0